保健師 募集

保健師の主な仕事

保健師の主な仕事ですが、保健師は大きく分けると、学校の保健師、地域の保健師、産業の保健師といった3つの種類に分けられますので、それぞれの種類によっても仕事の中身は違いがあります。名称は違いますが保健師ということで基本の仕事はどれも同じです。人の健康を守るためにはかかすことができないとても大事な仕事であることも共通しています。それぞれの保健師の仕事の中身を少し見ていきましょう。地域の保健師、これは公務員採用試験に合格していなければなることができません。

 

都道府県、市町村での産業保健師は保健センターで地域住民の健康や予防活動、健康増進のための活動、病院がいる家に対しての相談やアドバイスなどをしていきます。乳幼児健診などでお母さんの悩みを聞いてあげるなども保健師の仕事です。

 

学校保健師はそのままなのですが、学校に在籍して教職員と生徒の健康管理をするのが仕事です。産業保健師は一般の企業で働いている保健師で、会社の中に医務室、保健室のような場所があり、社員の健康管理や健康維持にかかわる企画などを看護師などと共に考えるのが仕事です。最近の産業保健師は企業の健康管理センターで働いていて、いろいろな会社の産業保健師の仕事を請け負っているコールセンターなどで仕事をしたり、健康相談の電話窓口に対応しているというケースなどもあります。体の悩みや相談、健康についての悩みを電話で無料で聞いてくれる窓口などで保健師として働くというケースもあるので産業保健師の仕事内容はかなり多岐にわたっています。

 

最近では産業保健師 求人も保健師の分野では人気となっています。一般的な病院に勤務するのと違って、会社に属するので残業も少なめです。業務内容としては社員の健康管理はもちろん、メンタルサポートができることも重要となっています。

更新履歴